職場のコミュニケーションが上手くいかない、そんな時こそみんなで旅行!

ちょっとした壁を破壊する

社会人として生きていく為にはコミュニケーション能力が必要不可欠ですし、社員研修などでも口酸っぱく言われることです。社外の方と打ち解けるのに時間がかかるのは致し方ないことですが、社内の方と打ち解けていないのであれば問題です。社内の方とは密に連絡を取り合って仕事をしないといけないので、コミュニケーションができないとなると支障が出ます。
何らかの理由で不仲になってしまった場合は和解に時間がかかってしまいますが、特に理由なく気まずい空気が流れている場合は簡単に解決できます。お互いが何となく壁を作っている状況なので、その壁を壊せば円滑にコミュニケーションできるはずです。その手段として旅行はベストな選択です。

同じ時間の共有とお酒

中学生や高校生になった時などは、レクリエーションを通して親交を深めます。社会人になった時はレクリエーションではなく社員旅行という形でどこかへ行きますが、社員旅行は他の社員と仲良くなる格好のチャンスです。まずどこかを観光したり、時には温泉で裸の付き合いをするなど同じ時間を共有すると自然と距離が近づきます。
そして、大抵夜の食事ではお酒をお互いに飲むので、お酒を酌み交わせばアルコールの力も加わって笑顔で会話するような仲になれるかもしれません。もし社員旅行のない会社であれば、自分達で企画して行くのも一つの手段です。プライベートの予定など合わせるのは難しいかもしれませんが、一緒に計画するなどすれば楽しいです。