ここでちょっとアイスブレイク!社員研修で取り上げるべき話題

流行の話題を取り入れる

社員研修は社員の能力を向上させ、会社の利益を高めるために実施します。そのため、社員研修を実施する企業は増加傾向にあります。研修の際は自社の社員だけではなく、外部の講師を活用することで質の高い場を設けられます。
ただし、外部講師を活用する場合は費用が発生するため、費用対効果を検討した上で依頼するのが良いでしょう。研修は仕事で活かせる知識や技術を学び機会ですが、最初から最後まで勉強の時間にしてしまうと受講している側は気を抜く時間がありません。
気を抜ける時間があれば集中力を高められるので、研修では流行の話題を取り入れる考え方が効果的です。研修の内容と関係ないとしても、流行の話題であれば気を抜ける時間を作りだせます。

仕事に関係ない話をする

研修は仕事をしている時間の中で受ける場合もあるので、実りのある時間にしなければなりません。ですから、研修を受ける側だけではなく、研修で指導する側も貴重な時間という認識を持つ必要があります。
しかし、研修の時間の全てを実りのある時間にするため、真面目に進行させてしまうと途中で集中力が低下する状況が考えられます。集中力の低下は指導する側と受ける側の双方にとってメリットがありません。
そのため、集中力を持続するために休憩を挟むことに加え、時には仕事に関係ない話をすることも大切です。ただし、仕事に関係ない話をする時間が多くなりすぎると社員研修の時間は減ってしまうので、真剣な時間とリラックスする時間を上手く持つのがポイントです。